「育児はできないと考えるのは前世紀の旧思想である」タグアーカイブ

幼児同士でやらせておくのがいちばんです近所のお友だちといっしょにこういう遊びを毎日できる環境があれば最高です

子供とのコミュニケーションにおいてはむしろ有効なテクニックになります

子どもがお友だちにけがをさせた場合は炭水化物、タンパク質、そしてビタミンと脂肪がそこそこ摂れる組み合わせ、ら、調理というほどの手間もかかりません。納豆、味噌汁とおひたし、あれば焼き魚、なければしらすと大根おろしでも)などで十分なんです。また、お風呂も冬場であれば毎日入らなくてもOKです。もちろんテレビは「省略できるもの」これならば、たとえば7時に家に帰ってきても、8時には寝かせることが可能になるのです。お母さんが好きなことをする「ゆとり時間」現実には7時に帰ってきて8時に子どもを寝かすのは、本当に大変です。子どもにも静かにしなさいと注意するでしょうそれをあからさまに口に出して幼児が

幼児自身の言葉を引き出すようにしていただければ

育児はできないと考えるのは前世紀の旧思想である

ここさえ頑張って集中して、とにかく8時に寝かしつけてしまうのは、実は親御さんのためでもあります。そのあとの時間はすべて自分のために使えるからです。たまった家事をこなす、ゆっくりお風呂に入ってリラックス、読書や晩酌、夫婦の会話を楽しむなど、子どもが起きて活動している時間には難しいことが、なんでもできてしまいます。私の経験でも、子育てしていることなどすっかり忘れられるこの時間があるからこそ、ハードな毎日をなんとか乗り切ってこられたのだと思っています。8時に寝かせたらその代わり、朝はちょっと早めに起きて子どもと一緒に遊んだりお散歩に行ったりして、コミュニケーションをはかりましょう。体もバッチリ目覚めます。

幼児同士が少々ケガをするようなトラブルを起こしても

児童心理や教育についての専門誌などでもたびたび取り上げられます。を取り上げた特集があります。その中で筑波大学教授の『児童心理』(2008年3月号金子書房)新井邦二郎氏は次のように述べています「男の子問題」小さいころから、ケンカなどして争うことは禁止される。いわば「親子の社会初参加」である「公園デビュー」では、子どもを通して親が品定めされる。だから、子どもが礼儀正しく振舞うよう親はいつも気を遣う。とくに気を遣うのは争いとであり、ケンカや乱暴はご法度である。

育てておけば

女子のDNAはこうした環境に順応していけるが、男子のDNAはこの時点から萎縮していく。結局、男の子は小さいころから男子のDNAを発揮することなく、小学校での女子の「思春期スパートのなかで、ほぼ「去勢状態」に陥る。家庭によっては強い母親によって、男子の「去勢状態」はさらに完成されていく。こうして「生きる意志や意欲」の感じられない男の子、いつもびくびくしている男の子など、気になる子どもが多くなってくる。男子はひたすら自分ばかりでなく家族までを養うだけの稼ぎを行う社会的義務を負わされている。
子どもはやがて一人で巣立ちますそのとき

子どもは合宿中も

少しでも怪しいところがあれば、即座に対応するためだ。中学の授業進度は速いので、少しでも後手に回れば、学校の授業に着いていけなくなる。定期テストでは得点そのものはあまり気にしないようにした。それよりも、できるはずの問題でミスをしないことを意識するようにして、テスト中に答えられなかった問題は必ずテスト後に答えられるように復習をするように助言した。テストはそれまでの学習の修得度を確認するためのものであり、生徒を評価して順位付けするためのものじゃない。

育てることが必要ですしかし

だから、その得点の高い低いにはこだわらせなかった。低くても良い。それよりも、テストをやり直してどの問題も理解できるまで食らいつくことが、勉強の本質だ。当然こう言うことは、長男に任せっきりで放置していて良いものではない。緒に考えるのだ。同じ間違いを繰り返していることは、かなり口を酸っぱくして注意をする。しかし、分からないことをけなしたりはしない。