「子供」タグアーカイブ

幼児にまかせていろいろと体験する機会を与えることの方が大切です小学校三

幼児たちの問題の多くはこの不安がもたらす事がとても多いのです

子どもをなだめたり
持っていても使わないのなら、その価値は誰にも認めようがないではないか。使うことによって価値は出現するのだ。そう言う意味では、まだ長男の高校数学の力は人生において何の役にも立っていないし、誰の役にも立っていない。しょぼくても、私の数学の力の方が人の役に立っているのだから、その方が価値があることになる。ただの負け惜しみだが何を持っているかで競ってもしょうがない。

「どうして間違えたのかな」と一緒に考えてください。と叱っても意味はあ間違えた場所と理由がわかれば、次は間違えないためにどうすればいいかを、また一緒に考えます。子どもの意見も聞き、「じゃあ次はこうしてみよう」「ここで確実に点を取れば、次は0点は取れるね」と次のテストに期待感をもてるような声かけをしてください。子どもたちが寺子屋にテストの結果をもってくると、その表情を見ただけで「ああ、悪かったんだな」「もっといい点だと思ってたんだな」と、その子がどう受け止めているかがわかります。特に前回より下がった子は落ち込んでいます。

育てていけばいいのか脳を

そんな時、たとえば前回七0点だったのに今回六0点だったとしても、まずほめるところを探します。一緒に見直しながら、「あ、でも計算合ってるじゃない」「ここは難しいけど、こっちが合ってるからあと一息だよ」というふうに「いいところ」を見つけてほめていくと、子どもの表情はだんだん和らいできます。極端な話、たとえ0点でも全部埋めていたら「全部書いてるやん」とか、もうほめるところがない!という時は「字、きれいやなー」と言うこともあります(笑)。そういう気持ちで見ると、ほめるところがまったくないなどということはありません。こうやって「思ったより叱られなかった」「なんだ、意外とできてるところもあるんだ」上がってくれば、その後は少々厳しいことを指摘しても大丈夫です。

しつけが花盛りですが


児童とのコミュニケーションを楽しみましょう別に私がコンプレックスを抱くこともない。学力とは、能力の一つでしかなく、生きていくための道具でしかないからだ。それ自体でその人の価値が決まるのではない。人の価値を決めるのは持っているものでも、持っている才能でもない。持っているものや才能をどのような形で使うかによって決まる。

しつけを終わる年齢

持っていても使わないのなら、その価値は誰にも認めようがないではないか。使うことによって価値は出現するのだ。そう言う意味では、まだ長男の高校数学の力は人生において何の役にも立っていないし、誰の役にも立っていない。しょぼくても、私の数学の力の方が人の役に立っているのだから、その方が価値があることになる。ただの負け惜しみだが何を持っているかで競ってもしょうがない。

育てていくことで


育児において
その時、か」「お姉ちゃんはそんなことなかったのに」と言ってしまってはいけません。「あなたはどうしてそうなの行動を叱り、理由を説明するのです。ぼくはこんなふうに言います。うるさくしたらダメだろう。授業を聞こうとしている友だちの邪魔になるやん。を見ている時に、横で大音量で音楽を聞かれたらイヤやろ?自分だって大好きなアニメ行動を叱り、理由を説明するだけなので、あっさりとした叱り方になります。それ以上の言葉は必要ないの「叱るのは短時間」を徹底してください。

しつけ以後にいろいろあるよい子を

同時に、子どもの言い分も聞いてあげてください。頭ごなしに叱るのはよくありません。感情的に怒ってしまったなと思っても、途中からでもいいので、子どもにも言い分を話させてください。思いがけない子どもの考えが出てくることもあります。また、自分の考えを聞いてくれたうえで「それでもやっぱりダメだよね」という話になれば、子どもも納得します。

時間をきめて練習することになりますしかし子どもには

幼児の脳はまだまだ発達途中

教育はゼロ歳児から始まるのだということを
だから、相手が聞いていようが聞いていよまいが、だらだらとお互いに好きにしゃべって良い雑談とは区別されないといけない。相手に伝わらなければ伝わるように言葉の使い方を工夫することが対話には求められる。そのことを意識して子どもに話しかけている親はどれだけいるだろうか?雑談が悪い訳ではありません。それは人間関係を強化してくれるものです雑談と対話は違うんだと話したが、別に雑談がダメだと言っている訳じゃない。たわいもない話をすることで、その人が普段どんなことを感じてどんなことを思っているのかが分かる。

「風の向くまま、気の向くまま」生まれながらの風来坊なのです。それらすべてを支配下に入れるとか、全部のことを理解し見守ってあげるなどは、基本的にムリでしょう。それならば、生活や活動の要所を押さえておき、あまりに大きな問題やケガにならないのであれば、まあ少しは許してあげてください。理詰めでこられたり、あるいは監視されていく中では、男の子は窮屈に感じると思います。男の子のひとつの良さは、のびのびとしていることだと思います。

育児と似ているなと思った事と一緒で

そのためには少し目をつぶってあげたり、見えていても見ないふりをしてあげることも、時には必要だと思います。レベルの高すぎる要求をしてませんか?「種類ごとにキレイに片づける」!息子さんは片づけしてくれますか?あるいは脱いだ服はどうしていますか?どうも男の子は「片づけ」という言葉が最初から、頭の中にインストールされていない感じがします。「カ·タ·ヅ·ケ?」「おいしいの?どこで捕まえられるの?」こんな感じでしょうか?出したら出しっぱなし、脱いだら脱ぎっぱなし!服を着替えても本当にそのまま脱いで、まるでセミの脱皮のように、ズボンも服も抜け殻のようになっています。そして常に洗濯のときに服が裏返しになっています。もちろん靴下もパンツも最初から裏返しでタンスに入れておきたくなりますね。

幼児にはまだ


幼児ですからできるだけそんなことを延々としていても知能も知性も育たない。非難を恐れずに言えば、それは重度の自閉症児でもやっている。重度の自閉症児には、人としての知能や知性があるだろうか?少なくとも、自力で社会生活を営むだけの知性は持ち合わせていない。感情禡太々漏れの諜には知性も知能もいらない。自分が話しかける相手がいることをきちんと認識して、伝えたいことや自分の考えていることを言葉の論理性に則って表現し合うことだ。

幼児がお母さんがくそまじめであったり

だから、相手が聞いていようが聞いていよまいが、だらだらとお互いに好きにしゃべって良い雑談とは区別されないといけない。相手に伝わらなければ伝わるように言葉の使い方を工夫することが対話には求められる。そのことを意識して子どもに話しかけている親はどれだけいるだろうか?雑談が悪い訳ではありません。それは人間関係を強化してくれるものです雑談と対話は違うんだと話したが、別に雑談がダメだと言っている訳じゃない。たわいもない話をすることで、その人が普段どんなことを感じてどんなことを思っているのかが分かる。

幼児に与えるのです


子どもの行動にも
また、たまには簡単な食事作りを一緒にすることで、食事を作る苦労や、作ってくれる人への感謝の気持ちも育ちます。海外では日本語の「いただきます」にあたる言葉はないようです。いただく命を尊ぶ文化は、日本語ならではの誇れる文化です。「ごちそうさま」は、作る人があちらこちら走り回って、材料を揃え用意した料理という意味です。漢字では「ご馳走」と書きます。食べ終わった時の「ごちそうさま」は「手間暇かけて用意してくださり、どうもありがとうございます」という気持ちと、命をいただくことへの感謝の気持ちを表した言葉です。

幼児にはサンマが足りないと言われます

「馳走」の前に「ご」、す」と「ごちそうさま」後ろに「さま」が付くのも、日本語の素敵なところです。の本来の持つ意味を、正しく伝え残していきましょう。「いただきまプチ紳士·プチ淑女になったつもりで「いただきます」現代では「ファミリー向けのレストランなど、外食環境が整っている時代なので、他所の家族と一緒に食事をする機会も多いと思います。食事の作法は、他の人に不愉快な思いをさせないこと、迷惑をかけないこと楽しくおいしく食事をいただくためのものです。食事の作法には、その人の普段の生活が全て表れると言われます。

子どもはさまざまな工夫をするのです

子どもには自分の身を守るためのパーソナルスペースを教えておくことも大切です

なぜそんなことをするのか?まったく意味がわからない。ここで息子の行動を分析してみましょう。お母さんからの指示が出る。「あっ、なんか僕に言ってる?コップを取れということか!了解!」コップを発見する。「あいつが今回の標的か!じっとしているが、なんだか危険なにおい!」コップに近づく。「攻撃があるかもしれない。身を隠して、そして攪乱させないとこちらが危ない」コップを持つ。「爆発するかもしれない。敵の罠かもしれない。

教育ではなく
教育ではなく
子育てをしていると
子育てをしていると


児童はすぐに大人のマネをするので

育児はうまくいく!慎重に、そして人が真似できない持ち方をしよう」任務完了。「ボス、やりましたよ!僕が無事に任務を終えました。ほめてください。ほらもっとほめて!」まあこんな感じでしょうね。見てわかるように、基本的に何にも考えていません。男の子はどちらかというと身体性が高い気がします。

お勉強脳である新しい脳を育てること

幼児たちだけで失敗経験を積むことのできる場所があるというのはやはり引っ込み思案の大きな原因は、親から過保護を受けたことにあるのです。子どものけんかには親が出るなーということは、くり返しくり返し叫ばなければなりません自発性の発達を妨げる過剰サービス四歳になっても、友だちとの遊びを楽しまない子どもがいます。その原因は、大きく分けて、二つあります。一つは、自発性の発達が遅れていることにあります。自発性の発達の遅れは、大きく分けると二つの原因があります。幼児は学校や幼稚園で避難訓練をしていますがその一つは、それまでの家庭生活の中で過保護を受けていたことです。過保護というのは、サービスがよく、子ども自身には、それをする能力があるのに、手を貸してしまう扱い方です。洋服を着るにも、と洋服を着せよう、きれいに顔を洗わせよう-といった完全主義の親の場合、ことができずに、つい手を貸してしまうことが多くなります。靴をはくにも、顔を洗うにも、親たちが手を貸してしまっているのです。とくに、きちっ「まかせておく」その結果、子どもは、自分で経験する量が少なくなり、自信が育ちません。

育てられたこどもは

だから極力その「叱りの素」(なんかの調味料のようですが)を、見ない努力をしましょう。この見ない努力は難しいです。なぜならお母さんは息子のことが大好きで、いつも見ておきたいし確認しておきたいからです。良いこともそして悪いことも、全部ひっくるめて「息子LOVE」なんでしょう。たとえば、ふすま1枚隔てた隣りの部屋から「ガラガラガラ-ザッザッザー」と、何かが一度に落ちていく音がすることがあります。たぶんですが、おもちゃや絵本、あるいは何かの道具が一度に引きずり出されているのでしょう。とってもいやな感じの音です。


しつけ的識見はまずこの程度である

とっさにふすまを開けて「何してんのー!」と叱る場面だと思います。しかし、ここであえて見に行かないことにします。あきらめましょう。その音がした段階で手遅れなんですから。目の前でそれが起こると腹が立ちますし、止めてしまいます。けれども、目の前で起きていなければ、テレビの世界の出来事と同じです。教育学の偉い先生に興味深い話を聞いたことがあります少年院にいる