「育児」カテゴリーアーカイブ

幼児に振り回されることが少なくなり

子どもは予想を裏切る生き物と言いますが

幼児はとってもかわいくてこの実験はとても奥が深い実験だと思います。この実験を生存競争に置き換えて考えて見ましょう。実験者が加算するお金を「共同作業による増収」に置き換えて考えてみます。お互いに協力しない場合は、自分達だけの収穫しかありません。協力しても独り占めすれば、独り占めした人は生き抜けますが、独り占めされた人は植えて死んでしまい、生き残るのは一人です。育て方に違和感や疑問をもつ人も多いのでしょう男の子のせめて昼食を1時に繰り下げるくらいのことはできないものかサクラとウメこどもを育てるのに

子どもたちはいたずらや冒険をさかんにしましたですから

子育てに力を入れようとお考えになられたのならば

お互いに協力すれば、二人が生き残れます。一人だけ生き残る場合と、二人が生き残る場合では、その子孫の数が異なって来ます。お互いに協力しなくても二人とも生き残れますが増収はありません。食料が多ければ多くの子供を養えますので、そうした協力と言う利他行動が、親から子へ、子から孫へと受け継がれて行けば、協力し合える人の子孫が最も反映する事になります。裏を返せば、協力と言う利他行動が受け継がれなくなってしまえば、子孫は衰退して行く事を意味しています。

幼児も怒りっぽくなるでしょうじゃ

さもないと、子どもを遊ばせておくのは無駄だ子どもから遊びの時などと考えて、テストまがいのものをやらせたり、早期教育の宣伝に踊らされて、間を奪ってしまうようなお母さん、お父さんになってしまいますその結果はどのように子どもに現れるでしょうか。思春期以後になって突然現れる登校拒否や家庭内暴力ノイローゼなどは、「遊び」を奪ってしまった両親に育てられてきた結果なのです。(いたずら)が知的能力を開発する人間の一生で何が大切かを考えてみますと、いきいきとしていることは、毎日の生活はいきいきとしていますか^いきいきと毎日を送る生活がその一つと思います。あなたのまさに生き甲斐のある生活をしているといえましょう。お母さん方に、と質問したならば、何とお答えになるでしょうかいきいきとしている-とお答えになるお母さんは、自分の生活を自分なりに考えて、いろいろと工夫している方です。

子どもを解放して

もし、いきいきといえるかどうかわからない-とか、マンネリズムにおちいっているという方があれば、自分の生活を自分なりに考えて新しくする力の育っていないお母さんだということができます。それは、自発性が育っていないからです。お父さんにしてもそうです。家にいるときに、ゴロ寝テレビ-という状態であれば、自発性の育っていないお父さんです。そういうと、一日の仕事で疲れているから!というお答えが返ってくるかも知れません。ゴロ寝テレビはレクリエーションではないのです。単なるレジャーです。
幼児たちでありましたから

幼児の長所と短所とを書いてみるとよいでしょう

肉類や野菜のおかずは、食べたとしてもほんの2、3口。偏食はこのまま治らないのでしょう(6才·男の子)苦手な食品は別のもので代用したり好きなメニューに入れて、食べる工夫をごはんをほとんど食べずに牛乳しか飲まない、ペットボトルの飲料しか飲まない、といった極端なケースでなければ、栄養不足になることはほとんどありません。食事は毎日のことですから、思うように食べてくれないと栄養がとれているかどうか、心配になるお母さんの気持ちはよくわかります。魚は食べなくても肉なら食べるようになることも多いもの。幼児のころは肉の食感がいやで食べない子もいます。

幼児の周囲に絵本はもとより

その場合はひき肉や魚、ほかのたんぱく質食品を代用したメニューを考えるな子どもが好きそうなメニューにとり入れてみ小学生になると、どの工夫をするといいでしょう。赤や緑の野菜はにおいや食感が苦手で食べないという子も多いようです。そういうときは、じゃがいも料理、ポタージュスープなど、るのもおすすめですいずれにしても、偏食はずっと続くわけではなく、嫌いな食べ物も変わっていきます。成長するにつれて、食べられるものがだんだん増えたり、食べる量も増えてくるはずです。一口でいいから食べよう、時間をかけて克服していきましょう私が小学校教師だったときにも偏食の子がたくさんいたので、給食では次のような指導をしました。

幼児にまかせていろいろと体験する機会を与えることの方が大切です小学校三

幼児たちの問題の多くはこの不安がもたらす事がとても多いのです

子どもをなだめたり
持っていても使わないのなら、その価値は誰にも認めようがないではないか。使うことによって価値は出現するのだ。そう言う意味では、まだ長男の高校数学の力は人生において何の役にも立っていないし、誰の役にも立っていない。しょぼくても、私の数学の力の方が人の役に立っているのだから、その方が価値があることになる。ただの負け惜しみだが何を持っているかで競ってもしょうがない。

「どうして間違えたのかな」と一緒に考えてください。と叱っても意味はあ間違えた場所と理由がわかれば、次は間違えないためにどうすればいいかを、また一緒に考えます。子どもの意見も聞き、「じゃあ次はこうしてみよう」「ここで確実に点を取れば、次は0点は取れるね」と次のテストに期待感をもてるような声かけをしてください。子どもたちが寺子屋にテストの結果をもってくると、その表情を見ただけで「ああ、悪かったんだな」「もっといい点だと思ってたんだな」と、その子がどう受け止めているかがわかります。特に前回より下がった子は落ち込んでいます。

育てていけばいいのか脳を

そんな時、たとえば前回七0点だったのに今回六0点だったとしても、まずほめるところを探します。一緒に見直しながら、「あ、でも計算合ってるじゃない」「ここは難しいけど、こっちが合ってるからあと一息だよ」というふうに「いいところ」を見つけてほめていくと、子どもの表情はだんだん和らいできます。極端な話、たとえ0点でも全部埋めていたら「全部書いてるやん」とか、もうほめるところがない!という時は「字、きれいやなー」と言うこともあります(笑)。そういう気持ちで見ると、ほめるところがまったくないなどということはありません。こうやって「思ったより叱られなかった」「なんだ、意外とできてるところもあるんだ」上がってくれば、その後は少々厳しいことを指摘しても大丈夫です。

しつけが花盛りですが


児童とのコミュニケーションを楽しみましょう別に私がコンプレックスを抱くこともない。学力とは、能力の一つでしかなく、生きていくための道具でしかないからだ。それ自体でその人の価値が決まるのではない。人の価値を決めるのは持っているものでも、持っている才能でもない。持っているものや才能をどのような形で使うかによって決まる。

しつけを終わる年齢

持っていても使わないのなら、その価値は誰にも認めようがないではないか。使うことによって価値は出現するのだ。そう言う意味では、まだ長男の高校数学の力は人生において何の役にも立っていないし、誰の役にも立っていない。しょぼくても、私の数学の力の方が人の役に立っているのだから、その方が価値があることになる。ただの負け惜しみだが何を持っているかで競ってもしょうがない。

育てていくことで


育児において
その時、か」「お姉ちゃんはそんなことなかったのに」と言ってしまってはいけません。「あなたはどうしてそうなの行動を叱り、理由を説明するのです。ぼくはこんなふうに言います。うるさくしたらダメだろう。授業を聞こうとしている友だちの邪魔になるやん。を見ている時に、横で大音量で音楽を聞かれたらイヤやろ?自分だって大好きなアニメ行動を叱り、理由を説明するだけなので、あっさりとした叱り方になります。それ以上の言葉は必要ないの「叱るのは短時間」を徹底してください。

しつけ以後にいろいろあるよい子を

同時に、子どもの言い分も聞いてあげてください。頭ごなしに叱るのはよくありません。感情的に怒ってしまったなと思っても、途中からでもいいので、子どもにも言い分を話させてください。思いがけない子どもの考えが出てくることもあります。また、自分の考えを聞いてくれたうえで「それでもやっぱりダメだよね」という話になれば、子どもも納得します。

幼児同士でやらせておくのがいちばんです近所のお友だちといっしょにこういう遊びを毎日できる環境があれば最高です

子供とのコミュニケーションにおいてはむしろ有効なテクニックになります

子どもがお友だちにけがをさせた場合は炭水化物、タンパク質、そしてビタミンと脂肪がそこそこ摂れる組み合わせ、ら、調理というほどの手間もかかりません。納豆、味噌汁とおひたし、あれば焼き魚、なければしらすと大根おろしでも)などで十分なんです。また、お風呂も冬場であれば毎日入らなくてもOKです。もちろんテレビは「省略できるもの」これならば、たとえば7時に家に帰ってきても、8時には寝かせることが可能になるのです。お母さんが好きなことをする「ゆとり時間」現実には7時に帰ってきて8時に子どもを寝かすのは、本当に大変です。子どもにも静かにしなさいと注意するでしょうそれをあからさまに口に出して幼児が

幼児自身の言葉を引き出すようにしていただければ

育児はできないと考えるのは前世紀の旧思想である

ここさえ頑張って集中して、とにかく8時に寝かしつけてしまうのは、実は親御さんのためでもあります。そのあとの時間はすべて自分のために使えるからです。たまった家事をこなす、ゆっくりお風呂に入ってリラックス、読書や晩酌、夫婦の会話を楽しむなど、子どもが起きて活動している時間には難しいことが、なんでもできてしまいます。私の経験でも、子育てしていることなどすっかり忘れられるこの時間があるからこそ、ハードな毎日をなんとか乗り切ってこられたのだと思っています。8時に寝かせたらその代わり、朝はちょっと早めに起きて子どもと一緒に遊んだりお散歩に行ったりして、コミュニケーションをはかりましょう。体もバッチリ目覚めます。

幼児同士が少々ケガをするようなトラブルを起こしても

児童心理や教育についての専門誌などでもたびたび取り上げられます。を取り上げた特集があります。その中で筑波大学教授の『児童心理』(2008年3月号金子書房)新井邦二郎氏は次のように述べています「男の子問題」小さいころから、ケンカなどして争うことは禁止される。いわば「親子の社会初参加」である「公園デビュー」では、子どもを通して親が品定めされる。だから、子どもが礼儀正しく振舞うよう親はいつも気を遣う。とくに気を遣うのは争いとであり、ケンカや乱暴はご法度である。

育てておけば

女子のDNAはこうした環境に順応していけるが、男子のDNAはこの時点から萎縮していく。結局、男の子は小さいころから男子のDNAを発揮することなく、小学校での女子の「思春期スパートのなかで、ほぼ「去勢状態」に陥る。家庭によっては強い母親によって、男子の「去勢状態」はさらに完成されていく。こうして「生きる意志や意欲」の感じられない男の子、いつもびくびくしている男の子など、気になる子どもが多くなってくる。男子はひたすら自分ばかりでなく家族までを養うだけの稼ぎを行う社会的義務を負わされている。
子どもはやがて一人で巣立ちますそのとき

子どもは合宿中も

少しでも怪しいところがあれば、即座に対応するためだ。中学の授業進度は速いので、少しでも後手に回れば、学校の授業に着いていけなくなる。定期テストでは得点そのものはあまり気にしないようにした。それよりも、できるはずの問題でミスをしないことを意識するようにして、テスト中に答えられなかった問題は必ずテスト後に答えられるように復習をするように助言した。テストはそれまでの学習の修得度を確認するためのものであり、生徒を評価して順位付けするためのものじゃない。

育てることが必要ですしかし

だから、その得点の高い低いにはこだわらせなかった。低くても良い。それよりも、テストをやり直してどの問題も理解できるまで食らいつくことが、勉強の本質だ。当然こう言うことは、長男に任せっきりで放置していて良いものではない。緒に考えるのだ。同じ間違いを繰り返していることは、かなり口を酸っぱくして注意をする。しかし、分からないことをけなしたりはしない。

幼児のひとみは輝き

コミュニケーションではなく

「叱る」は使ってもいいのですが、ものだと思ってください。ことの負の魅力に巻き込まれないようにしてください。子どもが叱られて、言うことを聞いたり、いい子になったことは嬉しいけど、あくまで一過性のそのためには「私は今叱っている」という自覚を持って叱ることが大切ですし、また「叱ることはいつでもやめようと思えばやめられる」他には「今は叱っているけれど、別の方法でも関わることができる」という、具体的な手立ての選択肢を広げる努力も必要です。という行動の自制と制約も必要です。思いが伝わるのは3勝7敗でし々◆その困った行動に悪気は全然ないのですこれまで男の子に響く叱り方のあれこれを考えてきました。たかが叱ることです。されど叱ることです。

教育はおまけわんぱく坊主ややんちゃ坊主が叱られすぎてせっかくの才能をつぶされ
教育はおまけわんぱく坊主ややんちゃ坊主が叱られすぎてせっかくの才能をつぶされ
子どもの遊びは生活である-といわれる根拠ですこのように
子どもの遊びは生活である-といわれる根拠ですこのように


子どもが話したら

第二言語を始める年齢が低いほど最終的に獲得される能力が注意していただきたいのはこれらの子どもではひとつの関わり方なのですが、なぜ難しいのか?また、お母さんたちは叱ることがなぜ苦手なのか?やはりうまくいかないことが多いからでしょう。これがなかなか難しいです。「何度言っても繰り返しになってしまう」「すぐにやめなかったり、もっとひどいことになってしまう」「何をどう言ってもまったく通じなくて、とてもてこずります」何度となく、多くのお母さんたちから聞いてきた言葉です。今もいろいろなところから相談を受けます。そんなときは思いきって、叱ることをやめてみてほしいのですが、なかなかきっぱりやめるのは難しいでしょう。叱ること自体の価値観を変えてみるのをお勧めします。

伸ばすように成長する子もいれば

しつけには時間も根気も必要ですまた、ボケやツッコミの中に、子供がコンブレックスに思っている事をネタにしたギャグをかまして、コンプレックスを武器に変える事を染み込ませる作戦を取りました。例えば「オット!こんな所にハーフのねーちゃんが、カッコエーね~」とか、子供は色黒なのでマクドナルドのCMソングで「まっくろにな~るど」とか、「どこのサーファーギャルですか~」ど、敢えてコンプレックスに思っている事をネタにして慣れさせました。それでも目覚しい結果が出始めたのは高校入学からです。この原型は、私の高校時代にあります。高校、年の時の事です。中学時代の友人達と地元のショッピングセンターに行った時、友人達は突然走り出してすれ違いざまに「逃げろ!」と言って走り去って行きました。子供と一緒にお風呂に入っている時なんかは実験のチャンスです私は何の事か分からず、逃げようとはしませんでした。そこに5人組の民族学校の生徒がやって来て、取り囲まれてしまいました。彼等は「お前はあいつらのツレか?」と言うので「そうだ」と答えると、そいつらは「あいつらは俺達にガンを飛ばしたから、お前が落とし前を付けろ」当時名古屋でもトップクラスの不良高に通っていた私には、母校に対する変なプライドがありました。「ここで引いたらクラスの笑い者になってしまう」と思い、精-杯ツッパリ「どう落とし前を付ければ良いんだ」と言うと、「一発殴らせろ」と言うのでと言うのです。「オウ!殴ればいいだろ!」ポケットに手を入れたまま立っていました。

子どもに思いやりの体験をさせることになるのです子どもには何よりも

三つとも、非常に小さなことです。もしれません。お父さんやお母さんにしてみたら、「そんなの当たり前」と思われるか子どもたちにとっては、とっても大きな勇気、努力、それが一番大事なんだよー」と、ほめまくりました。発見なんです。ぼくは三人ともでも、え君は覚悟を決め、宿題を減らしてほしい」と弱音を吐く前に、解決法を見つけようとしました。Bちゃんはなかなか勉強に集中できない自分を、自分なりに奮い立たせて最後までがんばって授業を終えまC君はできるかもしれない」小さいけれど確かな手応えを感じ、成功体験をしました。ぼくは毎日いろいろな子どもたちを見ていて、せてもらっています。


幼児のすることが未成熟で不完全なので

こんな姿に元気をもらっています。仕事のやりがいを感じさ子どもの小さな成長に気づく「自分の成長を実感すること」、それは子どもの成長にとって欠かせないものの一つです。子どもに喜びと自信という「満足感」と、次のステージへの「期待感」を与えてくれます。しかし子どもは日々成長しているので、見過ごされがちな小さな成長もたくさんあります。たとえば、「今まで漢字を10個覚えるのに三十分かかっていたのが十五分で覚えられるようになった」「計算ドリルの間違いが前より少なくなった」「漢字ドリルの字が前よりきれいに書けるようになった」などです。幼児の意欲はどうすれば育つ?