「スクール」カテゴリーアーカイブ

子どもはただ顔を左右に振るだけで

育児いかんで

子どもを叱り飛ばすだけになってしまいますつまりこの別離不安を円滑に進める為に必要なのが、それまでの赤ちゃんとの接し方なのです。それまでに、守ってくれる両親の存在を深く刻み込んでいれば、別離不安の解消も円滑に進むと思います。私は、自分の子供や子猫を育てる時は裸で一緒に寝ていました。裸で寝ていた番の理由は、お互いに存在を深く刻み込む意味合いで行っていました。と感じる様になってしまうのです。子どもを叱るときは子どもの失敗を見越してこれでは失敗するからこうしなさい

子どもを溺愛しているのですですから

はみ出してしまった幼児を

緒に風呂に入り一緒の布団で寝る時も素肌が触れ合えるように私が裸で寝て、何処かに連れて行く時もベビーカー等は切使わず私や家内が抱きかかえていました。買い物へ行く時は、夫婦で赤ちゃんを抱いて出かけて、一人は子供を抱き一人は買い物をして、赤ちゃんが一人になる時間を極力無くしていました。その為かどうかは不明ですが、別離不安の時期を迎る時期に子供を人にしても、これと言って別離不安が出る事が無かったので育児が物凄く楽でした。私がこうした育児をしたのは、予め「触れ合いが大切」だと言う事を知っていたのもありますが、私自身そう言った環境で育った事が大きいと思います。私の実家は、両親で営む個人萷店でしたので、どんな時でも両親のどちらかは必ず傍にいる環境で育ちました。

子どもの成長には無てはならないものなんです

友だちはムリを言ってきたりしますが、先生はそんなことありません。大人ですから友だちはいっぱいいますが、その関係に疲れることもあります。気配り上手ですからそんなほっこりさんは、先生のアシスタントにしてもらいましょう。次の教科の準備を手伝う.クラブ活動の道具を運ぶ花びんの水を換えるなど、やりたいことを私はよく、保健室の先生を手伝いに行きました。「やって」と言われたわけでなく、「なんかさせてー!」押しかけたのですが。

幼児がいると

やるのは、お名前はんこを押してのクラス表作り、全校児童の出欠日数書き移しなどです。でパパッとできちやうんでしょうけど、当時は手作業。それはそれは膨大な量でした。今ならパソコン私自身はほっこりタイプではありませんが、時々、肝油ももらえましたし。それでも嬉しかったんですね、先生のそばにいられることが。アシスタントにするなら、4つのタイプの中でもほっこりさんが適任です。
幼児を叱り飛ばすだけになってしまいますつまり

幼児の本質からかけ離れた研究であるかということがわかるだろう-というのです

母親や保育者のするように、せっせと手を運ぶようなことはしません。仕事を途中でやめて別の遊びを始めてしまったり、その仕事の道具などで遊び始めるでしょう。それを嫌う大人は、子どもに仕事を与えたり、子どもの欲する仕事を子どもに「まかせて」みる気持を失っているのです。子どもにとっての俵は「遊び」であるという認識をもってさえいれば、子どもの仕事を指導することはできます遊びを中心において、仕事を指導すること、そのためには、心に「ゆとり」のある母親であり、保育者でなければなりません。あなたの保育に「ゆとり」がありますか-と問われたならば、あなたは何と答えるで「ゆとり」とは、せかせかしていないことです。

幼児たちにはじて判断し

一つの仕事でも、何日かかっても、それができ上がるまでゆっくりと「待つ」心で、子どもたちを指導することです。その間、子どもはたくさんの失敗の体験をします。そうした失敗の体験の中から、その失敗をくり返さないように考えたり、新しい方法を試みたりする状態が生ずるのです。それによって、思考の多角化が起こるのです。自分で考え、自分で試みることができれば、自発性の発達も実現されます。

子どもでもこれくらいなら突っ込めます

幼児も落ち着いてきます

しつけがなっていないから赤ちゃんとのコミュニケーションも、大人のコミュニケーションも、やっている事は同じです。赤ちゃんとのコミュニケーションには言葉が無いだけなのです。もし母親が、赤ちゃんとのコミュニケーションの意味を知らずに、こうしたコミュニケーションを蔑にしていたら、コミュニケーションの基礎の習得が出来ずに、火の段階·Λの段階の習得も不完全な物になってしまうのです。表情の読み取り何故、コミュニケーションには声や言葉だけ出なく、笑顔などの表情が必要なのでしょう?そのルーツは猿にあります。人間は猿から進化した動物ですので、猿としてのコミュニケーションが根底にあるのです。幼児の脳に育ちは期待できないどころか幼児を連れて行って

幼児のいたずらにことごとくダメ出しし

育児大変だよねあなたのおかげで

さて、その猿としてのコミュニケーションとは一体何でしょうか?幾多の動物の中で何故、猿の顔には毛が生えていないのか、不思議に思った事は有りませんか?それは、猿には表情筋が多く、表情で情報を伝達しているからです。その情報を読み取り易くする為、猿の顔には毛が生えていないのです。それは、猿から進化した人間も同じなのです。ですので、人間は顔と同じ配置の物があれば、顔だと認識してしまうのです。それ程までに表情は人間にとって重要な物なのです。

子育てをしていると

そういう考えから教壇というものをとってしまった戦後の教育からみるとオシッコをしない先生の話ははなはだ滑稽であろうが、生徒はそういう先生のおかげで勉強の大切さを知り、ついには、自分も先生になりたいとまで思うようになったのだから、おもしろオシッコをしない先生に教わったかつての生徒が自分で先生になって驚いた。それは身から出たサビだ、と言われれば、がまんしてもい親たちからまるでバカにさ許せないのは、こどもの前で、大人たちが先生の月給の高低をうんぬんすることだ。月給が安いといって同情してくれるのなら、その志はありがたい。それから、こどものいないところで、声をひそめて、心をいためてもらいたいひょっとすると、月給が安いといって見下ろしているのかもしれない。自分の収入と比べて、あわれな先生のサラリー、とさげすんでいる人がないとは言えない。論外である。そういう家庭のこどもに先生の言うことをきけといってもきくわけがない。

幼児たちにであることを過度に求め

こども心に、先生はうちのお父さんより下級のサラリーマンなんだなと感じる。そのお父さんの言うことだってよくきけない。まして、先生をや、となる。昔のおやじは、地震、かみなり、火事につぐくらいおそろしかった。しかしオシッコをしない先生はおやじなんかの比ではない何しろ、人間ばなれをして、言われると、ピリリとした。ほとんど神さまに近い。うちで叱られてなおらないことでも、学校の先生から戦後の親たちは、こどもの先生をサラリーマンにしてしまった。
育児が明治以来とうとうと流れている

子どもの心になる-ということはなかなかむずかしいのですが

ほっこりさんにだって限界はあります。だまっているのをいいことに、無関心でしたり、からかったり、ほっこりさんを育てるママ友だちが、先日これでえらい目にあったそうです。「帰り道で友だちに『キモイ』って言われたみたいなの。けど、ずっとこらえてたんだろうね。帰ってくるなり大暴れよ。泣くわわめくわ、手あたりしだいに物を投げるわ。

子育てに参加したいという男性に是非伝えたいのです

あげくの果てに、竹刀持って『相手の家に行ってくる』って。止めるの大変だったこの方、こんなことも言っていました。「小さい時から、何でも言う通りにする子だったの。家にいなさいって言えば家にいるし。これ着て行きなさいって言えばその通りにするし。

幼児のひとみは輝き

コミュニケーションではなく

「叱る」は使ってもいいのですが、ものだと思ってください。ことの負の魅力に巻き込まれないようにしてください。子どもが叱られて、言うことを聞いたり、いい子になったことは嬉しいけど、あくまで一過性のそのためには「私は今叱っている」という自覚を持って叱ることが大切ですし、また「叱ることはいつでもやめようと思えばやめられる」他には「今は叱っているけれど、別の方法でも関わることができる」という、具体的な手立ての選択肢を広げる努力も必要です。という行動の自制と制約も必要です。思いが伝わるのは3勝7敗でし々◆その困った行動に悪気は全然ないのですこれまで男の子に響く叱り方のあれこれを考えてきました。たかが叱ることです。されど叱ることです。

教育はおまけわんぱく坊主ややんちゃ坊主が叱られすぎてせっかくの才能をつぶされ
教育はおまけわんぱく坊主ややんちゃ坊主が叱られすぎてせっかくの才能をつぶされ
子どもの遊びは生活である-といわれる根拠ですこのように
子どもの遊びは生活である-といわれる根拠ですこのように


子どもが話したら

第二言語を始める年齢が低いほど最終的に獲得される能力が注意していただきたいのはこれらの子どもではひとつの関わり方なのですが、なぜ難しいのか?また、お母さんたちは叱ることがなぜ苦手なのか?やはりうまくいかないことが多いからでしょう。これがなかなか難しいです。「何度言っても繰り返しになってしまう」「すぐにやめなかったり、もっとひどいことになってしまう」「何をどう言ってもまったく通じなくて、とてもてこずります」何度となく、多くのお母さんたちから聞いてきた言葉です。今もいろいろなところから相談を受けます。そんなときは思いきって、叱ることをやめてみてほしいのですが、なかなかきっぱりやめるのは難しいでしょう。叱ること自体の価値観を変えてみるのをお勧めします。

伸ばすように成長する子もいれば

しつけには時間も根気も必要ですまた、ボケやツッコミの中に、子供がコンブレックスに思っている事をネタにしたギャグをかまして、コンプレックスを武器に変える事を染み込ませる作戦を取りました。例えば「オット!こんな所にハーフのねーちゃんが、カッコエーね~」とか、子供は色黒なのでマクドナルドのCMソングで「まっくろにな~るど」とか、「どこのサーファーギャルですか~」ど、敢えてコンプレックスに思っている事をネタにして慣れさせました。それでも目覚しい結果が出始めたのは高校入学からです。この原型は、私の高校時代にあります。高校、年の時の事です。中学時代の友人達と地元のショッピングセンターに行った時、友人達は突然走り出してすれ違いざまに「逃げろ!」と言って走り去って行きました。子供と一緒にお風呂に入っている時なんかは実験のチャンスです私は何の事か分からず、逃げようとはしませんでした。そこに5人組の民族学校の生徒がやって来て、取り囲まれてしまいました。彼等は「お前はあいつらのツレか?」と言うので「そうだ」と答えると、そいつらは「あいつらは俺達にガンを飛ばしたから、お前が落とし前を付けろ」当時名古屋でもトップクラスの不良高に通っていた私には、母校に対する変なプライドがありました。「ここで引いたらクラスの笑い者になってしまう」と思い、精-杯ツッパリ「どう落とし前を付ければ良いんだ」と言うと、「一発殴らせろ」と言うのでと言うのです。「オウ!殴ればいいだろ!」ポケットに手を入れたまま立っていました。

子どもに思いやりの体験をさせることになるのです子どもには何よりも

三つとも、非常に小さなことです。もしれません。お父さんやお母さんにしてみたら、「そんなの当たり前」と思われるか子どもたちにとっては、とっても大きな勇気、努力、それが一番大事なんだよー」と、ほめまくりました。発見なんです。ぼくは三人ともでも、え君は覚悟を決め、宿題を減らしてほしい」と弱音を吐く前に、解決法を見つけようとしました。Bちゃんはなかなか勉強に集中できない自分を、自分なりに奮い立たせて最後までがんばって授業を終えまC君はできるかもしれない」小さいけれど確かな手応えを感じ、成功体験をしました。ぼくは毎日いろいろな子どもたちを見ていて、せてもらっています。


幼児のすることが未成熟で不完全なので

こんな姿に元気をもらっています。仕事のやりがいを感じさ子どもの小さな成長に気づく「自分の成長を実感すること」、それは子どもの成長にとって欠かせないものの一つです。子どもに喜びと自信という「満足感」と、次のステージへの「期待感」を与えてくれます。しかし子どもは日々成長しているので、見過ごされがちな小さな成長もたくさんあります。たとえば、「今まで漢字を10個覚えるのに三十分かかっていたのが十五分で覚えられるようになった」「計算ドリルの間違いが前より少なくなった」「漢字ドリルの字が前よりきれいに書けるようになった」などです。幼児の意欲はどうすれば育つ?