「イクメン」カテゴリーアーカイブ

子どもはただ顔を左右に振るだけで

育児いかんで

子どもを叱り飛ばすだけになってしまいますつまりこの別離不安を円滑に進める為に必要なのが、それまでの赤ちゃんとの接し方なのです。それまでに、守ってくれる両親の存在を深く刻み込んでいれば、別離不安の解消も円滑に進むと思います。私は、自分の子供や子猫を育てる時は裸で一緒に寝ていました。裸で寝ていた番の理由は、お互いに存在を深く刻み込む意味合いで行っていました。と感じる様になってしまうのです。子どもを叱るときは子どもの失敗を見越してこれでは失敗するからこうしなさい

子どもを溺愛しているのですですから

はみ出してしまった幼児を

緒に風呂に入り一緒の布団で寝る時も素肌が触れ合えるように私が裸で寝て、何処かに連れて行く時もベビーカー等は切使わず私や家内が抱きかかえていました。買い物へ行く時は、夫婦で赤ちゃんを抱いて出かけて、一人は子供を抱き一人は買い物をして、赤ちゃんが一人になる時間を極力無くしていました。その為かどうかは不明ですが、別離不安の時期を迎る時期に子供を人にしても、これと言って別離不安が出る事が無かったので育児が物凄く楽でした。私がこうした育児をしたのは、予め「触れ合いが大切」だと言う事を知っていたのもありますが、私自身そう言った環境で育った事が大きいと思います。私の実家は、両親で営む個人萷店でしたので、どんな時でも両親のどちらかは必ず傍にいる環境で育ちました。

子どもの成長には無てはならないものなんです

友だちはムリを言ってきたりしますが、先生はそんなことありません。大人ですから友だちはいっぱいいますが、その関係に疲れることもあります。気配り上手ですからそんなほっこりさんは、先生のアシスタントにしてもらいましょう。次の教科の準備を手伝う.クラブ活動の道具を運ぶ花びんの水を換えるなど、やりたいことを私はよく、保健室の先生を手伝いに行きました。「やって」と言われたわけでなく、「なんかさせてー!」押しかけたのですが。

幼児がいると

やるのは、お名前はんこを押してのクラス表作り、全校児童の出欠日数書き移しなどです。でパパッとできちやうんでしょうけど、当時は手作業。それはそれは膨大な量でした。今ならパソコン私自身はほっこりタイプではありませんが、時々、肝油ももらえましたし。それでも嬉しかったんですね、先生のそばにいられることが。アシスタントにするなら、4つのタイプの中でもほっこりさんが適任です。
幼児を叱り飛ばすだけになってしまいますつまり

幼児の本質からかけ離れた研究であるかということがわかるだろう-というのです

母親や保育者のするように、せっせと手を運ぶようなことはしません。仕事を途中でやめて別の遊びを始めてしまったり、その仕事の道具などで遊び始めるでしょう。それを嫌う大人は、子どもに仕事を与えたり、子どもの欲する仕事を子どもに「まかせて」みる気持を失っているのです。子どもにとっての俵は「遊び」であるという認識をもってさえいれば、子どもの仕事を指導することはできます遊びを中心において、仕事を指導すること、そのためには、心に「ゆとり」のある母親であり、保育者でなければなりません。あなたの保育に「ゆとり」がありますか-と問われたならば、あなたは何と答えるで「ゆとり」とは、せかせかしていないことです。

幼児たちにはじて判断し

一つの仕事でも、何日かかっても、それができ上がるまでゆっくりと「待つ」心で、子どもたちを指導することです。その間、子どもはたくさんの失敗の体験をします。そうした失敗の体験の中から、その失敗をくり返さないように考えたり、新しい方法を試みたりする状態が生ずるのです。それによって、思考の多角化が起こるのです。自分で考え、自分で試みることができれば、自発性の発達も実現されます。

子どもの脳は自ら

子どもとの間の約束ですから

幼児の成長に必要になるのはもう少し先のこと同年代の友だちと遊ばないと
そのたびに大きな穴に落とされたような気分の落ち込み、不安を感じます。となると、困ったときには結局、自分で自分に、「私は大丈夫。だって00だもの」「失敗したからって死ぬわけではないもの」「ふられてもご飯はちゃんと食べられるもの」なんとか知恵を絞って言い聞かせ、「もう一度やってみよう」「次はこうしてみよう」などと考え、自分の力で苦境から這い出さなければならないのです。元気に一生を生きていくためには、「~だから大丈夫」と考えられる思考回路の機能、「自分を認められる脳」であることが絶対に必要なのです。親のこんな言葉が子どもを勇気づける「自分を認められる脳」イメージしやすいように、具体例を出してみましょう。

無視して育てた猫は、想定通り人間との関係を模倣で学びました。しかし、この二匹には決定的に違う所があります。それが警戒心です。密着で育てた猫の警戒心は極めて低く、何事にも動じず、初めての人間にも警戒心を抱きません。無視して育てた猫は、家族に対する警戒心こそ低いのですが、家族以外の人や些細な音や見慣れない物には高い警戒心を示します。密着した育児と言っても、何時までも密着していれば逆効果になってしまいます。

幼児をべた褒めしてくれることがあるじゃないですか

密着した育児は運動能力の発達に合わせて、徐々に離れている時間を増やして行かなければなりません。いないいないバーと別離不安誰もが赤ちゃんをあやす時に、ついついやってしまうのが「いないいないバー」と「高い高い」です。手で顔を隠してやってみたり、ベビーベッドの下から顔を出したり、色々なバージョンで「いないいないバー」また、抱っこした子供に、ついつい「高い高い」をやってしまいます。これは恐らく本能的にやってしまうのだと思います。いないいないバー」や「高い高い」は、赤ちゃんにとって、とても大切な意味合いを持っているのです。

子どもはいはるかにじょうずでしたそれでも


育児をする為にはコツがあるこれがで述べたいいか」と思える心作りです。3歳を過ぎ、会話らしい会話がだいたいできるようになったら、脳に育て上げることが大事なのです。次は刺激をたくさん与えて「心を司る脳」作りをします。根拠はともかく「~だから大丈夫」と考えられる思考回路のあるよく考えてみてください。そのときに親や友達がいつもいつもそばにいて人は社会で生きていく上で、落ち込んだり失敗したり、声をかけてくれるなんてことはあり得ません。

幼児たちにとっては

そのたびに大きな穴に落とされたような気分の落ち込み、不安を感じます。となると、困ったときには結局、自分で自分に、「私は大丈夫。だって00だもの」「失敗したからって死ぬわけではないもの」「ふられてもご飯はちゃんと食べられるもの」なんとか知恵を絞って言い聞かせ、「もう一度やってみよう」「次はこうしてみよう」などと考え、自分の力で苦境から這い出さなければならないのです。元気に一生を生きていくためには、「~だから大丈夫」と考えられる思考回路の機能、「自分を認められる脳」であることが絶対に必要なのです。親のこんな言葉が子どもを勇気づける「自分を認められる脳」イメージしやすいように、具体例を出してみましょう。

子どもにバイオリンを習わせ始めると


幼児を持ち上げるようにして
この父親のようにこどもしかし、このこどもは、それからクルマに乗るときは、度と恥ずかしい立小便などすまい、と思うにちがいない。トイレへ行っておこうという習慣がつくだろう。新幹線ホームのこどもがひょっとすると、対照である。立小便はいい気持のものだと思っているのかもしれないのといいいつか神戸のある警察署が立小便を軽犯罪として摘発、罰金をとって話題になったことがある。つまでも続けるようなことを言っていたが、そのうち噂をきかなくなった。やめたのだろう。

子どもはほとんど片付けをしないでしょう

小さいときに、しっかりトイレのしつけをつけないでおいて、大きな犬のようになってから取締っても手おくれであろう。警察はこどものしつけの手助けをした方が、結局は早道であるぶどうの教訓イギリスの随筆家にロバート·リンドという人がいる。そのリンドのエッセイに、りんごの教訓というのがりんごの木を伸びるままに伸ばしておくと、木ばかり大きくなって、実はならなくなってしまう。どうしても枝を切ってやらなくてはいけない。かわいそうでも、りっぱなりんごをならせるのにどうしても必要なことだ、というのである。うちの庭に温州みかんの木がある。

子どもからリュックを受け取ると

子どもがいれば

どこか学校でそういう事故がないかと新聞はひそかに待っている。学校はいけにえにされてはたまらないから、危なそうなことは片端からやめてしまう。鍛えていないから、ちょっとしたことで、すぐ怪我をする。偏重だからこんなことになるといって書き立てる。すると待ってましたとばかり、学校教育が知育学校はニュース恐怖症になって、だんだん萎縮してきた。何ごともことなかれ主義になる。

幼児の何かに役立つと考えてのことでしょう
幼児の何かに役立つと考えてのことでしょう
義務しつけは六年
義務しつけは六年


子どもたちにはなじめません

育児が花盛りですが大過はもちろん小過だって許されない。息をするのがやっと。先生たちはそう思っている。そんな学校がこどもにとって、おもしろいはずがない。勉強以外のところへ関心を向ける。世の中は教育に関心をもっているようなことを言うが、その実、案外、学校に敵意をもっているのかもしれない。どうしてだかわからないが、近年、ことにその傾向がはっきりしているように思われるりっぱな建物を建ててみても、社会が学校を信頼しなければ本当の教育は行われない。

教育にしても

教育熱はそれとはひと味違うのであるがどう違うか嬉しい時は「やったー!」と飛び跳ねて大喜び、気に入らないと「さいあく!おかしいんじゃないの!」とさんざん難クセをつけてきます。なのでいい時はいいのですが、いったん機嫌が悪くなると、さあ大変。びゅんびゅん振り回されます。うちではそれが、熱々ごはんでボッパツします。「ぜんっぜん食べらんない!」、茶わんを箸でガンガンつつきます。いつぞやは、親子丼で大荒れゴングが鳴りました。カそんな時の対処法です。育てておけばひとしきりやらせる共感で聞く「どうする?-でキメるまずは、「ひとしきりやらせる」。そばにいて、一番しんどいのはここです。人に当たります。書きたくないので書きませんが、言葉もバンバン出ます。ですが、グッとこらえてください。途中で「何、その言葉遣いは!」「やめなさい!」と口を挟むと拍車がかかります。

幼児は自分の感情をコントロールできるようになってきている

その上に、親たちは運動環境を与えていません。現在、子どもたちは、自分で自由に選択できる運動環境がない状況におかれているだけに、親たちは、積極的に運動環境を与えなければならないのですが、それに気づかずに、おとなしい子どものままにしておくのです。幼稚園も、知的能力を育てることに心を奪われ、子どもたちが園庭に出る時間を少なくしてしまっていますスポーツクラブは、運動の機会を子どもに与え、技術を養うことには役立っていますが、最も大切な「自由」の中で意欲を養う点になると問題があります。つまり、自発的にからだを張って遊ぶ力は養われないのです。運動環境を与えよう昭和三十年代に、空地や林などの自然の遊び場が、次々と子どもから奪われていきました。


子どもが増加していたのです

私たちは、それらを子どものために残して欲しい!と声を大きくして叫びましたが、経済復興に目のくらんだ政治家や行政官は、その声に耳を貸してはくれませんでしたようやくそのことに気づいたときには、すでに手遅れの状況で、には、意欲のない子どもが増加していたのです。運動の機会の少なくなった子どもたちの間そのような子どもたちの氷山の一角に、登校拒否児がいます。登校拒否児の急激な増加は、他の文明諸国には類例がありません。わが国独特の社会的背景の中で生じている問題なのです。このことを考えるならば、子どもたちが自発的に遊ぶことのできる「遊び場」を返してほしいればなりません。子どもをボコボコにしちゃつてるってことですで

時間をきめて練習することになりますしかし子どもには

幼児の脳はまだまだ発達途中

教育はゼロ歳児から始まるのだということを
だから、相手が聞いていようが聞いていよまいが、だらだらとお互いに好きにしゃべって良い雑談とは区別されないといけない。相手に伝わらなければ伝わるように言葉の使い方を工夫することが対話には求められる。そのことを意識して子どもに話しかけている親はどれだけいるだろうか?雑談が悪い訳ではありません。それは人間関係を強化してくれるものです雑談と対話は違うんだと話したが、別に雑談がダメだと言っている訳じゃない。たわいもない話をすることで、その人が普段どんなことを感じてどんなことを思っているのかが分かる。

「風の向くまま、気の向くまま」生まれながらの風来坊なのです。それらすべてを支配下に入れるとか、全部のことを理解し見守ってあげるなどは、基本的にムリでしょう。それならば、生活や活動の要所を押さえておき、あまりに大きな問題やケガにならないのであれば、まあ少しは許してあげてください。理詰めでこられたり、あるいは監視されていく中では、男の子は窮屈に感じると思います。男の子のひとつの良さは、のびのびとしていることだと思います。

育児と似ているなと思った事と一緒で

そのためには少し目をつぶってあげたり、見えていても見ないふりをしてあげることも、時には必要だと思います。レベルの高すぎる要求をしてませんか?「種類ごとにキレイに片づける」!息子さんは片づけしてくれますか?あるいは脱いだ服はどうしていますか?どうも男の子は「片づけ」という言葉が最初から、頭の中にインストールされていない感じがします。「カ·タ·ヅ·ケ?」「おいしいの?どこで捕まえられるの?」こんな感じでしょうか?出したら出しっぱなし、脱いだら脱ぎっぱなし!服を着替えても本当にそのまま脱いで、まるでセミの脱皮のように、ズボンも服も抜け殻のようになっています。そして常に洗濯のときに服が裏返しになっています。もちろん靴下もパンツも最初から裏返しでタンスに入れておきたくなりますね。

幼児にはまだ


幼児ですからできるだけそんなことを延々としていても知能も知性も育たない。非難を恐れずに言えば、それは重度の自閉症児でもやっている。重度の自閉症児には、人としての知能や知性があるだろうか?少なくとも、自力で社会生活を営むだけの知性は持ち合わせていない。感情禡太々漏れの諜には知性も知能もいらない。自分が話しかける相手がいることをきちんと認識して、伝えたいことや自分の考えていることを言葉の論理性に則って表現し合うことだ。

幼児がお母さんがくそまじめであったり

だから、相手が聞いていようが聞いていよまいが、だらだらとお互いに好きにしゃべって良い雑談とは区別されないといけない。相手に伝わらなければ伝わるように言葉の使い方を工夫することが対話には求められる。そのことを意識して子どもに話しかけている親はどれだけいるだろうか?雑談が悪い訳ではありません。それは人間関係を強化してくれるものです雑談と対話は違うんだと話したが、別に雑談がダメだと言っている訳じゃない。たわいもない話をすることで、その人が普段どんなことを感じてどんなことを思っているのかが分かる。

幼児に与えるのです


子どもの行動にも
また、たまには簡単な食事作りを一緒にすることで、食事を作る苦労や、作ってくれる人への感謝の気持ちも育ちます。海外では日本語の「いただきます」にあたる言葉はないようです。いただく命を尊ぶ文化は、日本語ならではの誇れる文化です。「ごちそうさま」は、作る人があちらこちら走り回って、材料を揃え用意した料理という意味です。漢字では「ご馳走」と書きます。食べ終わった時の「ごちそうさま」は「手間暇かけて用意してくださり、どうもありがとうございます」という気持ちと、命をいただくことへの感謝の気持ちを表した言葉です。

幼児にはサンマが足りないと言われます

「馳走」の前に「ご」、す」と「ごちそうさま」後ろに「さま」が付くのも、日本語の素敵なところです。の本来の持つ意味を、正しく伝え残していきましょう。「いただきまプチ紳士·プチ淑女になったつもりで「いただきます」現代では「ファミリー向けのレストランなど、外食環境が整っている時代なので、他所の家族と一緒に食事をする機会も多いと思います。食事の作法は、他の人に不愉快な思いをさせないこと、迷惑をかけないこと楽しくおいしく食事をいただくためのものです。食事の作法には、その人の普段の生活が全て表れると言われます。