地震対策にはガムロック

昨年起きた未曾有の大震災、誰もがその後の余震に怯え、これからも各家庭で地震対策をしなければ、と考え直した人も多いはず。

いつ来てもおかしくない大地震。

備えあれば憂いなし。

まずは揺れが来たら身を守る。

家具の固定は必須課題だ。

家具の転倒によって避難路を阻まれたり、家具の下敷きになったりすることがあるからだ。

家具を壁にネジで固定できればベストだが、賃貸住宅や壁に穴を開けられない事情のある人も多いと思う。

そこで、以前からある「つっぱり棒」に代わる新しい防災グッズ、「ガムロック」が注目されている。

ガムロックとは、壁に貼るだけで地震対策ができるというスグレモノである。

メリットとしては、ネジを使わないので壁を傷つけない。

洗って何度でも使える。

取り付け、取り外しが簡単。

そして震度7での転倒防止機能確認済みだというから、誰しもが興味を持つだろう。

今ある家具に設置でき、強力に家具を固定。

耐用年数は5年とされているので、定期的に交換する必要はあるが、5年に1度くらいなら、それほどの手間ではないだろう。

このガムロックは、家具をネジのようにガッチリと固定、強固につくというものではない。

強力な粘着力のあるジェル状もので、家具のずれを避け、転倒を免れるという性質の商品である。

ガムロックは家財の「つり革」です、という広告を見たが、まさに、製品の性質を言い当てたキャッチコピーだと思う。

また、いつ、大きな揺れに襲われるかもしれない恐怖、日本に住む以上は、常にこのことは頭に入れて、いざという時の対策をしなければならない。

家の全ての家具にガムロックを使ってみたいと思う今日この頃である。

Leave a Reply