生命保険の特約について

生命保険と一口に言っても様々な種類の保険があります。

その中でも今回は特約について書いていきます。

はじめに、特約とは生命保険の主契約に付帯させる事で、既存の主契約の内容をさらに充実した内容にする補助的な役割を果たします。

特約のみで契約する事はできません。

また、主契約に複数の特約を付帯させる事ができるため、組み合わせによっては自由に充実した内容の保険給付を受ける事ができます。

非常に便利なもので複数の主契約を持つよりも手ごろな価格で特約を付帯する事ができるため、今では当たり前のように知られています。

しかし、このような便利な特約にも知らないと損をしてしまう可能性のある落とし穴もあるので次に書いていきます。


上にも書きましたが、特約という保険制度は非常に便利なもので使い方によっては自分の必要な保険のかたちにカスタマイズする事ができ、保険料の節約にも繋がります。

自身のライフプランの策定や万が一のリスクに備えて、自分自身の保険の状態を確認し、常に保険の状態を健康にしておかなくてはなりません。

それは、特約の部分も含めて言える事です。

実際に特約の約款を見ずに請求をし忘れてしまうケースは少なくありません。

主契約にいくつもの特約を付帯させ、万全な状態に作り上げても、特約部分の請求を忘れてしまっては、せっかくの保険の制度が台無しになってしまいます。

いくつかの特約に加入されている方は再度、特約の内容の把握と修正を考えてみる必要があります。


このように、特約は利用のしかたを間違えてしまうと、せっかくの役立つ特約もただの無駄遣いになってしまう事があります。

保険が数え切れないほど存在するように特約の種類も多種多様です。

生命保険だけでなく、損害保険等にも特約を付帯させる事ができるため、自身が加入する保険にはあと何が必要なのか、そして、現在加入している特約は本当に必要なものなのかも含めて慎重に検討していく必要があります。

保険は人生において貴重な資産です。

貴重な資産を押し入れの中に入れっぱなしにする事なく、適度なメンテナンスをしていく事が資産の健康状態を保つ秘訣なのかもしれません。

Leave a Reply