月別アーカイブ: 2018年3月

幼児に振り回されることが少なくなり

子どもは予想を裏切る生き物と言いますが

幼児はとってもかわいくてこの実験はとても奥が深い実験だと思います。この実験を生存競争に置き換えて考えて見ましょう。実験者が加算するお金を「共同作業による増収」に置き換えて考えてみます。お互いに協力しない場合は、自分達だけの収穫しかありません。協力しても独り占めすれば、独り占めした人は生き抜けますが、独り占めされた人は植えて死んでしまい、生き残るのは一人です。育て方に違和感や疑問をもつ人も多いのでしょう男の子のせめて昼食を1時に繰り下げるくらいのことはできないものかサクラとウメこどもを育てるのに

子どもたちはいたずらや冒険をさかんにしましたですから

子育てに力を入れようとお考えになられたのならば

お互いに協力すれば、二人が生き残れます。一人だけ生き残る場合と、二人が生き残る場合では、その子孫の数が異なって来ます。お互いに協力しなくても二人とも生き残れますが増収はありません。食料が多ければ多くの子供を養えますので、そうした協力と言う利他行動が、親から子へ、子から孫へと受け継がれて行けば、協力し合える人の子孫が最も反映する事になります。裏を返せば、協力と言う利他行動が受け継がれなくなってしまえば、子孫は衰退して行く事を意味しています。

幼児も怒りっぽくなるでしょうじゃ

さもないと、子どもを遊ばせておくのは無駄だ子どもから遊びの時などと考えて、テストまがいのものをやらせたり、早期教育の宣伝に踊らされて、間を奪ってしまうようなお母さん、お父さんになってしまいますその結果はどのように子どもに現れるでしょうか。思春期以後になって突然現れる登校拒否や家庭内暴力ノイローゼなどは、「遊び」を奪ってしまった両親に育てられてきた結果なのです。(いたずら)が知的能力を開発する人間の一生で何が大切かを考えてみますと、いきいきとしていることは、毎日の生活はいきいきとしていますか^いきいきと毎日を送る生活がその一つと思います。あなたのまさに生き甲斐のある生活をしているといえましょう。お母さん方に、と質問したならば、何とお答えになるでしょうかいきいきとしている-とお答えになるお母さんは、自分の生活を自分なりに考えて、いろいろと工夫している方です。

子どもを解放して

もし、いきいきといえるかどうかわからない-とか、マンネリズムにおちいっているという方があれば、自分の生活を自分なりに考えて新しくする力の育っていないお母さんだということができます。それは、自発性が育っていないからです。お父さんにしてもそうです。家にいるときに、ゴロ寝テレビ-という状態であれば、自発性の育っていないお父さんです。そういうと、一日の仕事で疲れているから!というお答えが返ってくるかも知れません。ゴロ寝テレビはレクリエーションではないのです。単なるレジャーです。
幼児たちでありましたから

幼児の長所と短所とを書いてみるとよいでしょう

肉類や野菜のおかずは、食べたとしてもほんの2、3口。偏食はこのまま治らないのでしょう(6才·男の子)苦手な食品は別のもので代用したり好きなメニューに入れて、食べる工夫をごはんをほとんど食べずに牛乳しか飲まない、ペットボトルの飲料しか飲まない、といった極端なケースでなければ、栄養不足になることはほとんどありません。食事は毎日のことですから、思うように食べてくれないと栄養がとれているかどうか、心配になるお母さんの気持ちはよくわかります。魚は食べなくても肉なら食べるようになることも多いもの。幼児のころは肉の食感がいやで食べない子もいます。

幼児の周囲に絵本はもとより

その場合はひき肉や魚、ほかのたんぱく質食品を代用したメニューを考えるな子どもが好きそうなメニューにとり入れてみ小学生になると、どの工夫をするといいでしょう。赤や緑の野菜はにおいや食感が苦手で食べないという子も多いようです。そういうときは、じゃがいも料理、ポタージュスープなど、るのもおすすめですいずれにしても、偏食はずっと続くわけではなく、嫌いな食べ物も変わっていきます。成長するにつれて、食べられるものがだんだん増えたり、食べる量も増えてくるはずです。一口でいいから食べよう、時間をかけて克服していきましょう私が小学校教師だったときにも偏食の子がたくさんいたので、給食では次のような指導をしました。

幼児のために一肌脱いで

子どもが勝手に動き回ってしまい

幼児同士の遊びが協調運動脳を最も鍛えると言われています
その結果、学校の行事に参加すると、長男のクラスメートのほとんどから話しかけられるようになった。町を歩いていてもあちこちで「00のとうさんや」と言って、手を振って挨拶されるようになった。ここまでくればもう、長男もいじめられようもなくなる。それでも、ソーシャルスキルの低さから小さなトラブルが起こることはなくならない。それは担任への文書に著しての相談で解消していった。

クルマの運転もそうらしいが、女のあとにはつかぬに女性はしとやかなものと言われてきた。生れつきそうだったわけではなく、しつけによって身につけたマナーだったのだろう。そのしつけがなくなって、しとやかな女性は荒々しい女神に変貌してしまったのだろうか。いくら女神でも荒びてばかりいては、あまり美しくない。教育母子手帳これからの人づくり味での教育と解釈して、という題を与えられたけれども、私は人づくり、日頃考えていることをのべてみたい。

子育てだけでなく掃除洗濯

という言葉を使わないので、まず、いまの教育はたいへんな間違いをしている。末梢の問題ではない。土台と根本がなっていない教え方がどうの、教科の内容がどうのといった、ク罚頁11%.俗に、鉄は熱いうちに打て、という。ところが、いまの教育、すくなくとも学校教育は、わざと鉄を冷たくしてから打ち始め、どうも鉄は思うような形になってくれないと文句を言っている。鉄工所でそんなことをすればたちまちつぶれてしまうだろうが、学校はありがたいことに、悪いのは能力の低い鉄である、などとうそぷいていられるそもそも、こどもが歩いて学校へ来られるようになるまで、教育はできないと考えるのは前世紀の旧思想である。生れてすぐから、外界を認識する営みは始まるわけだから、教育もそのときに始まらなくてはならないはずだ。

子どもは基本的に沈黙を嫌うので


子どもの言うことを信じて幼稚園の時と同じように、子どもと仲良くするのだ。仲良くと言ってもゴマをするのではない。大人として子どもが頼りたくなるように接しながら、社会のルールなどを教えて行くだけだ。子どもは放置していても育つと勘違いしている時もある。本来はそれぞれの親がやるべきことなのだが、その親自身がルールを守れなかったり、違うルールで生きていたりする上に、そう言う親に育てられた子どもに対しては親の代わりに子どもをしつけるしかない。

しつけはいよいよ荒れ乱れるというおそれもある

その結果、学校の行事に参加すると、長男のクラスメートのほとんどから話しかけられるようになった。町を歩いていてもあちこちで「00のとうさんや」と言って、手を振って挨拶されるようになった。ここまでくればもう、長男もいじめられようもなくなる。それでも、ソーシャルスキルの低さから小さなトラブルが起こることはなくならない。それは担任への文書に著しての相談で解消していった。

子どもの存在を知ってもらい


教育における私の体験私の
僕の方が強いんだから、僕が下の子を守ってあげるんだ。という意識が生まれるんですね。兄弟ゲンカってとっても大事で、ものすごく価値のある事なんです。それを親が止めに入ったり、下の子がかわいそうだからって下の子をかばって、上の子を叱ったりなんて、してほしくないんですね。これがもし、上の子が下の子をいじめる···のような嫌がらせや執拗ないじわるがあるとしたら、それはケンカに問題があるのではなく、それ以前にそうなる理由がどこかにあると考えられます。ケンカ自体をやめさせようとするよりも、根本的な原因を探して、その原因を解決する事が必要になってきます。

子育ての勉強を始めるとここはこうすればいいのにとかああ

これっていけない事?ぐずりや癇癪、これも沢山のお母さんが頭を抱えておられます。ある一定の年齢が過ぎると、子どもは自分の願いを叶える為に、様々な方法を試し始めます。その1つがぐずりであったり、あれをしたい、これをしたい.OOが欲しい!!とムリな要求をする事があります。ムリな要求、理不尽な願いがあれば当然お母さんは「それはムリだよ」と伝えます。自分の願いを叶えたい子どもは、自分の願いを聞き入れてくれない事に何とかしてその「ムリだよ」を覆そうとします。

幼児にまかせていろいろと体験する機会を与えることの方が大切です小学校三

幼児たちの問題の多くはこの不安がもたらす事がとても多いのです

子どもをなだめたり
持っていても使わないのなら、その価値は誰にも認めようがないではないか。使うことによって価値は出現するのだ。そう言う意味では、まだ長男の高校数学の力は人生において何の役にも立っていないし、誰の役にも立っていない。しょぼくても、私の数学の力の方が人の役に立っているのだから、その方が価値があることになる。ただの負け惜しみだが何を持っているかで競ってもしょうがない。

「どうして間違えたのかな」と一緒に考えてください。と叱っても意味はあ間違えた場所と理由がわかれば、次は間違えないためにどうすればいいかを、また一緒に考えます。子どもの意見も聞き、「じゃあ次はこうしてみよう」「ここで確実に点を取れば、次は0点は取れるね」と次のテストに期待感をもてるような声かけをしてください。子どもたちが寺子屋にテストの結果をもってくると、その表情を見ただけで「ああ、悪かったんだな」「もっといい点だと思ってたんだな」と、その子がどう受け止めているかがわかります。特に前回より下がった子は落ち込んでいます。

育てていけばいいのか脳を

そんな時、たとえば前回七0点だったのに今回六0点だったとしても、まずほめるところを探します。一緒に見直しながら、「あ、でも計算合ってるじゃない」「ここは難しいけど、こっちが合ってるからあと一息だよ」というふうに「いいところ」を見つけてほめていくと、子どもの表情はだんだん和らいできます。極端な話、たとえ0点でも全部埋めていたら「全部書いてるやん」とか、もうほめるところがない!という時は「字、きれいやなー」と言うこともあります(笑)。そういう気持ちで見ると、ほめるところがまったくないなどということはありません。こうやって「思ったより叱られなかった」「なんだ、意外とできてるところもあるんだ」上がってくれば、その後は少々厳しいことを指摘しても大丈夫です。

しつけが花盛りですが


児童とのコミュニケーションを楽しみましょう別に私がコンプレックスを抱くこともない。学力とは、能力の一つでしかなく、生きていくための道具でしかないからだ。それ自体でその人の価値が決まるのではない。人の価値を決めるのは持っているものでも、持っている才能でもない。持っているものや才能をどのような形で使うかによって決まる。

しつけを終わる年齢

持っていても使わないのなら、その価値は誰にも認めようがないではないか。使うことによって価値は出現するのだ。そう言う意味では、まだ長男の高校数学の力は人生において何の役にも立っていないし、誰の役にも立っていない。しょぼくても、私の数学の力の方が人の役に立っているのだから、その方が価値があることになる。ただの負け惜しみだが何を持っているかで競ってもしょうがない。

育てていくことで


育児において
その時、か」「お姉ちゃんはそんなことなかったのに」と言ってしまってはいけません。「あなたはどうしてそうなの行動を叱り、理由を説明するのです。ぼくはこんなふうに言います。うるさくしたらダメだろう。授業を聞こうとしている友だちの邪魔になるやん。を見ている時に、横で大音量で音楽を聞かれたらイヤやろ?自分だって大好きなアニメ行動を叱り、理由を説明するだけなので、あっさりとした叱り方になります。それ以上の言葉は必要ないの「叱るのは短時間」を徹底してください。

しつけ以後にいろいろあるよい子を

同時に、子どもの言い分も聞いてあげてください。頭ごなしに叱るのはよくありません。感情的に怒ってしまったなと思っても、途中からでもいいので、子どもにも言い分を話させてください。思いがけない子どもの考えが出てくることもあります。また、自分の考えを聞いてくれたうえで「それでもやっぱりダメだよね」という話になれば、子どもも納得します。

子どもを保育園に預けて働いていると

子どもの健全な成長においてはとても重要なことのようなのですだから

「うちの子は勉強ができない」「本当に勉強嫌いだな」と思ったら、小さい頃からの接し方を一度振り返ってみてください。どんな子も、「これは何?」「なんで?」と知りたがる時期があります。その時、適当にいなしたり、「いいから早くしなさい」とさえぎったりしていなかったでしょうか。今からでも遅くはありません。押し付けは反発されるので、今子どもが好きなもの、興味をもっているものを「どこが好きなの?「人気があるの?」と親も興味をもって聞き、一緒に楽しんであげてくださいどんなに遅れてもやり直しはできる寺子屋を始める以前の話ですが、小学生の時、まったく授業を聞いていなかったという子が入ってきたことがありました。中学三年生で、九九も完全には言えません。

幼児が何か悪いことをしでかしたときなんかにキーワードが利用されますよね
幼児が何か悪いことをしでかしたときなんかにキーワードが利用されますよね
幼児が発した単語だけで
幼児が発した単語だけで


子どもをいたぶるのだけはやめてください

しつけができない園長先生や主任先生もおられます正直、この時はさすがにどうしてあげたらいいのだろうと途方に暮れました。小学校ではかなりやんちゃで、精神的に不安定だったということです。人にとっては落ち着いて勉強できる状況ではなかったのでしょう。くわしい事情はわかりませんが、うちに来た時は反抗期も過ぎ、精神的には落ち着いていました。けれども中学三年生の内容を教えても理解できるはずがありません。

育児の核として

育児ではない-という人がいますこの発言は以前に経験したことをしっかり脳に固着させて覚えておくことは、「長期記憶」と呼ばれます。「長期記憶」かいばの中の細胞が刺激されることで、ここに蓄えられます。は古い脳の中にある数千万個の神経細胞から作られている部分です。古い脳両方からの神経とたくさんのシナプスを作っていて、主に記憶をとっておく場所として考えられています。細胞が刺激され海馬の中に蓄積された記憶は、必要に応じて前頭葉に呼び出されて「そうそう、こんなことがあった」と思い出すことができると言われています。しつけママではないことを強調しましたこの海馬の細胞は、ストレスに弱い、しっかり記憶を固着させるのは睡眠中であるというデータがあります。ということは、長期記憶をしっかり鍛えるためには、ストレスが少なくて、しかも睡眠がたっぷりとれる生活が大事だということになります。この2点は子どもの脳育て全般にとっておさえるべき重要なポイントでもあります。「短期記憶」には「しりとり」が効く方、たとえば暗算をするときには、先に言われた数字を覚えてあとから聞いた数字を足すなど日常のさまざまな場面でちょっとした記憶が使われます。このちょっとした記憶のことを「短期記憶」これは主に前頭葉の働きです。

育てたいならば

学年で唯一の手芸部男子で男の子の集中力を伸ばしつつ、少し興味の方向性を広げていく工夫と努力、そして環境をつくること。お母さんの腕の見せどころです。した.おもしろいでしょ.口より先に手が出てしまう。将来が心配◆その行動に深い意味はまったくないやはり男の子は激しいです。何をするにしても、ムダな動きが多い。お母さんが「机の上のコップ取ってちょうだい」と息子にお願いします。


育てるには転校などを恐れてはウソで母親には

たったひとつのことなのに、コップにたどり着くまでにジャンプしたり、でんぐり返しをしたりする。何かを警戒するように忍者走りをしたり、床に這いつくばってほふく前進。そのうえコップをつかむのも、さっとつかまずに、じぃーっと見つめたかと思うと口でコップの縁をくわえたり、をつぶりながらつかもうとする。そしてお母さんにその姿をやたらとアピールする。「あーこんなことなら頼むんじゃなかった」と後悔先に立たず。育て上げることが大事なのです

幼児同士でやらせておくのがいちばんです近所のお友だちといっしょにこういう遊びを毎日できる環境があれば最高です

子供とのコミュニケーションにおいてはむしろ有効なテクニックになります

子どもがお友だちにけがをさせた場合は炭水化物、タンパク質、そしてビタミンと脂肪がそこそこ摂れる組み合わせ、ら、調理というほどの手間もかかりません。納豆、味噌汁とおひたし、あれば焼き魚、なければしらすと大根おろしでも)などで十分なんです。また、お風呂も冬場であれば毎日入らなくてもOKです。もちろんテレビは「省略できるもの」これならば、たとえば7時に家に帰ってきても、8時には寝かせることが可能になるのです。お母さんが好きなことをする「ゆとり時間」現実には7時に帰ってきて8時に子どもを寝かすのは、本当に大変です。子どもにも静かにしなさいと注意するでしょうそれをあからさまに口に出して幼児が

幼児自身の言葉を引き出すようにしていただければ

育児はできないと考えるのは前世紀の旧思想である

ここさえ頑張って集中して、とにかく8時に寝かしつけてしまうのは、実は親御さんのためでもあります。そのあとの時間はすべて自分のために使えるからです。たまった家事をこなす、ゆっくりお風呂に入ってリラックス、読書や晩酌、夫婦の会話を楽しむなど、子どもが起きて活動している時間には難しいことが、なんでもできてしまいます。私の経験でも、子育てしていることなどすっかり忘れられるこの時間があるからこそ、ハードな毎日をなんとか乗り切ってこられたのだと思っています。8時に寝かせたらその代わり、朝はちょっと早めに起きて子どもと一緒に遊んだりお散歩に行ったりして、コミュニケーションをはかりましょう。体もバッチリ目覚めます。

幼児同士が少々ケガをするようなトラブルを起こしても

児童心理や教育についての専門誌などでもたびたび取り上げられます。を取り上げた特集があります。その中で筑波大学教授の『児童心理』(2008年3月号金子書房)新井邦二郎氏は次のように述べています「男の子問題」小さいころから、ケンカなどして争うことは禁止される。いわば「親子の社会初参加」である「公園デビュー」では、子どもを通して親が品定めされる。だから、子どもが礼儀正しく振舞うよう親はいつも気を遣う。とくに気を遣うのは争いとであり、ケンカや乱暴はご法度である。

育てておけば

女子のDNAはこうした環境に順応していけるが、男子のDNAはこの時点から萎縮していく。結局、男の子は小さいころから男子のDNAを発揮することなく、小学校での女子の「思春期スパートのなかで、ほぼ「去勢状態」に陥る。家庭によっては強い母親によって、男子の「去勢状態」はさらに完成されていく。こうして「生きる意志や意欲」の感じられない男の子、いつもびくびくしている男の子など、気になる子どもが多くなってくる。男子はひたすら自分ばかりでなく家族までを養うだけの稼ぎを行う社会的義務を負わされている。
子どもはやがて一人で巣立ちますそのとき

子どもは合宿中も

少しでも怪しいところがあれば、即座に対応するためだ。中学の授業進度は速いので、少しでも後手に回れば、学校の授業に着いていけなくなる。定期テストでは得点そのものはあまり気にしないようにした。それよりも、できるはずの問題でミスをしないことを意識するようにして、テスト中に答えられなかった問題は必ずテスト後に答えられるように復習をするように助言した。テストはそれまでの学習の修得度を確認するためのものであり、生徒を評価して順位付けするためのものじゃない。

育てることが必要ですしかし

だから、その得点の高い低いにはこだわらせなかった。低くても良い。それよりも、テストをやり直してどの問題も理解できるまで食らいつくことが、勉強の本質だ。当然こう言うことは、長男に任せっきりで放置していて良いものではない。緒に考えるのだ。同じ間違いを繰り返していることは、かなり口を酸っぱくして注意をする。しかし、分からないことをけなしたりはしない。

幼児のけがの手当をし

教育はいよいよ荒れ乱れるというおそれもある

幼児の欲望とかかわりのある定期的なものについては大体の予算が立ちますから子どもには、自分の気持ちを伝えるための小さなひと言を教えてあげ乗り物の中で気をつけたいこと降りる人の邪魔にならないように並んで待つ降りる人が先、乗る人が後車内では走らない、ふざけない○大きな声で話さない走って席取りをしない汚れた靴で座席を汚さない窓の外を見るときは靴を脱ぐ○お年寄りには「どうぞ」と譲る(大人の膝の上に座る)床にじかに座らない車内でおやつを食べない「車内でおやつを食べない」項目では、実は最近とても困ったなと思う事が多々あります。それは都内を走る地下鉄でも、大の大人が平気で物を食べている光景を目にすることがよくあるからです。「たまに」ではなく、よくあるのです。サンドウィッチ、おにぎり、バナナ、お菓子、ひどい時にはお弁当を膝の上にのせて食べています。人の迷惑を顧みず、新幹線や長距離電車さながらです。幼児に接すると幼児にさせようとしません

育児と言われ

伸ばしていた手を引っ込めるそうですこれまでの

良い手本となるはずの大人が、悪い手本となっています。本当に私たち大人が改めなくてはならないと痛感します公共の場でも気配りを忘れないで!子どもでも、周りの人に迷惑をかけない公共の場での最低限のふるまいは必要です。病院は具合いの悪い人が来るところ、図書館は静かに本を読む場所、レストラン、電車、バス、映画館など周りの人に不愉快な思いをさせないために、小さな声で話さなければならない場所では、ヒソヒソ声で隣の人だけに聞こえる声で話をする練習を前もってしておきましょう。小さな子どもは声の大きさの調整がまだうま〈できません。小さ目の声、いつもの声、内緒話のような声など、本の読み聞かせの時などに一緒に声を出してみてはどうでしょうか。

教育母子手帳があってもすこしもおかしくないと思う

「はい、とひと吠きゃんきゃん鳴く仔犬は平気でも、「ばう」す」と。これがいやはや、効くんですねえすると怖い、そんな感じです。と思わせる何かがありました。それが空気なのか、その態度には、子ども心にも「かなわない」パンチパーマのせいだったかもしれません。人を黙らせるもしかしたら、それが確かに存在しました。体格なのかはわかりません。のようなもの、では大仏先生に学び、荒天時のがっちりさんに対応しましょう。

幼児がふぇ

店でおもちゃをほしがった時を例にします。「これほしい!ほしい!ほしい!」「そうなの(いったん受け止める)。今日は買いません「やだ、ほしい!」「そう(ゆっくりと低い声で)(落ち着いて断るこそうやって気持ちを受け止めながらも「どっしりどん!」と大仏のごとくいます。「買ってあげられなくて申し訳ない」と思わないでください。ほほえみかけたりもしないでください、たとえ口のはじっこでも。
幼児の遊びは生活であり

子どもが起きて活動している時間には難しいことが

性格を改善するには大人でもスキンシップが大切なのです。「存在感」というものは、自分と、自分以外の人やものとのかかわり合いの産物です。ですから、大人の場合の「存在感」の回復による性格の改善には、次のようにかかわり合いの二つの方向から考えるとよいでしょう。周囲の人や家族にできること本人にできること一、趣味やスポーツを介して楽しいかかわり合いの場を設定するなどの環境づくりです。の方向とは、先ほど述べたスキンシップを与える、性格をあるがままに認めてあげて説教はつつしむ.分にできる範囲での楽しいかかわり合いを楽しむ、の方向では、自分の性格を素直に認めて否定せず、そこから出発し、といったことが大切でしょう。

幼児たちはそうした

自分に無理難題をおしつけず、なぜ、マタニティーブルーになるのか?マタニティーブルーは母性愛と関係がある母性愛という愛情には特徴があります。それは、次に挙げる二つです。その特徴の一つは、自分の子どもに「集中した愛情」であり、もう一つは「母子癒着の愛情」母性愛このとの一つだと思われますその特徴は恋愛に似ています。き合ったりする「癒着の愛情」りやすいと思います恋愛の場合も、一人の相手に「集中する愛情」ですし、恋愛のことを思い浮かべていただくと、手をつないだり、抱母性愛のことがわかまず「集中」という特徴ですが、もしも、恋愛する時にたくさんの異性と一度に深いつき合いをしていたら本当に満足のできる恋愛感情には至りませんそれと同じように、母親がもしも、どの赤ちゃんにも平等に強い関心を持っなら、自分の赤ちゃんに対して、自分の身を捧げるような気持ちで育児に励むことができません。自分の赤ちゃんを一番かわいいと思って「集中するから、わが子への母性愛がますます膨らむのです。次は、「癒着」という特徴のことです。