時間をきめて練習することになりますしかし子どもには

幼児の脳はまだまだ発達途中

教育はゼロ歳児から始まるのだということを
だから、相手が聞いていようが聞いていよまいが、だらだらとお互いに好きにしゃべって良い雑談とは区別されないといけない。相手に伝わらなければ伝わるように言葉の使い方を工夫することが対話には求められる。そのことを意識して子どもに話しかけている親はどれだけいるだろうか?雑談が悪い訳ではありません。それは人間関係を強化してくれるものです雑談と対話は違うんだと話したが、別に雑談がダメだと言っている訳じゃない。たわいもない話をすることで、その人が普段どんなことを感じてどんなことを思っているのかが分かる。

「風の向くまま、気の向くまま」生まれながらの風来坊なのです。それらすべてを支配下に入れるとか、全部のことを理解し見守ってあげるなどは、基本的にムリでしょう。それならば、生活や活動の要所を押さえておき、あまりに大きな問題やケガにならないのであれば、まあ少しは許してあげてください。理詰めでこられたり、あるいは監視されていく中では、男の子は窮屈に感じると思います。男の子のひとつの良さは、のびのびとしていることだと思います。

育児と似ているなと思った事と一緒で

そのためには少し目をつぶってあげたり、見えていても見ないふりをしてあげることも、時には必要だと思います。レベルの高すぎる要求をしてませんか?「種類ごとにキレイに片づける」!息子さんは片づけしてくれますか?あるいは脱いだ服はどうしていますか?どうも男の子は「片づけ」という言葉が最初から、頭の中にインストールされていない感じがします。「カ·タ·ヅ·ケ?」「おいしいの?どこで捕まえられるの?」こんな感じでしょうか?出したら出しっぱなし、脱いだら脱ぎっぱなし!服を着替えても本当にそのまま脱いで、まるでセミの脱皮のように、ズボンも服も抜け殻のようになっています。そして常に洗濯のときに服が裏返しになっています。もちろん靴下もパンツも最初から裏返しでタンスに入れておきたくなりますね。

幼児にはまだ


幼児ですからできるだけそんなことを延々としていても知能も知性も育たない。非難を恐れずに言えば、それは重度の自閉症児でもやっている。重度の自閉症児には、人としての知能や知性があるだろうか?少なくとも、自力で社会生活を営むだけの知性は持ち合わせていない。感情禡太々漏れの諜には知性も知能もいらない。自分が話しかける相手がいることをきちんと認識して、伝えたいことや自分の考えていることを言葉の論理性に則って表現し合うことだ。

幼児がお母さんがくそまじめであったり

だから、相手が聞いていようが聞いていよまいが、だらだらとお互いに好きにしゃべって良い雑談とは区別されないといけない。相手に伝わらなければ伝わるように言葉の使い方を工夫することが対話には求められる。そのことを意識して子どもに話しかけている親はどれだけいるだろうか?雑談が悪い訳ではありません。それは人間関係を強化してくれるものです雑談と対話は違うんだと話したが、別に雑談がダメだと言っている訳じゃない。たわいもない話をすることで、その人が普段どんなことを感じてどんなことを思っているのかが分かる。

幼児に与えるのです


子どもの行動にも
また、たまには簡単な食事作りを一緒にすることで、食事を作る苦労や、作ってくれる人への感謝の気持ちも育ちます。海外では日本語の「いただきます」にあたる言葉はないようです。いただく命を尊ぶ文化は、日本語ならではの誇れる文化です。「ごちそうさま」は、作る人があちらこちら走り回って、材料を揃え用意した料理という意味です。漢字では「ご馳走」と書きます。食べ終わった時の「ごちそうさま」は「手間暇かけて用意してくださり、どうもありがとうございます」という気持ちと、命をいただくことへの感謝の気持ちを表した言葉です。

幼児にはサンマが足りないと言われます

「馳走」の前に「ご」、す」と「ごちそうさま」後ろに「さま」が付くのも、日本語の素敵なところです。の本来の持つ意味を、正しく伝え残していきましょう。「いただきまプチ紳士·プチ淑女になったつもりで「いただきます」現代では「ファミリー向けのレストランなど、外食環境が整っている時代なので、他所の家族と一緒に食事をする機会も多いと思います。食事の作法は、他の人に不愉快な思いをさせないこと、迷惑をかけないこと楽しくおいしく食事をいただくためのものです。食事の作法には、その人の普段の生活が全て表れると言われます。