幼児にまかせていろいろと体験する機会を与えることの方が大切です小学校三

幼児たちの問題の多くはこの不安がもたらす事がとても多いのです

子どもをなだめたり
持っていても使わないのなら、その価値は誰にも認めようがないではないか。使うことによって価値は出現するのだ。そう言う意味では、まだ長男の高校数学の力は人生において何の役にも立っていないし、誰の役にも立っていない。しょぼくても、私の数学の力の方が人の役に立っているのだから、その方が価値があることになる。ただの負け惜しみだが何を持っているかで競ってもしょうがない。

「どうして間違えたのかな」と一緒に考えてください。と叱っても意味はあ間違えた場所と理由がわかれば、次は間違えないためにどうすればいいかを、また一緒に考えます。子どもの意見も聞き、「じゃあ次はこうしてみよう」「ここで確実に点を取れば、次は0点は取れるね」と次のテストに期待感をもてるような声かけをしてください。子どもたちが寺子屋にテストの結果をもってくると、その表情を見ただけで「ああ、悪かったんだな」「もっといい点だと思ってたんだな」と、その子がどう受け止めているかがわかります。特に前回より下がった子は落ち込んでいます。

育てていけばいいのか脳を

そんな時、たとえば前回七0点だったのに今回六0点だったとしても、まずほめるところを探します。一緒に見直しながら、「あ、でも計算合ってるじゃない」「ここは難しいけど、こっちが合ってるからあと一息だよ」というふうに「いいところ」を見つけてほめていくと、子どもの表情はだんだん和らいできます。極端な話、たとえ0点でも全部埋めていたら「全部書いてるやん」とか、もうほめるところがない!という時は「字、きれいやなー」と言うこともあります(笑)。そういう気持ちで見ると、ほめるところがまったくないなどということはありません。こうやって「思ったより叱られなかった」「なんだ、意外とできてるところもあるんだ」上がってくれば、その後は少々厳しいことを指摘しても大丈夫です。

しつけが花盛りですが


児童とのコミュニケーションを楽しみましょう別に私がコンプレックスを抱くこともない。学力とは、能力の一つでしかなく、生きていくための道具でしかないからだ。それ自体でその人の価値が決まるのではない。人の価値を決めるのは持っているものでも、持っている才能でもない。持っているものや才能をどのような形で使うかによって決まる。

しつけを終わる年齢

持っていても使わないのなら、その価値は誰にも認めようがないではないか。使うことによって価値は出現するのだ。そう言う意味では、まだ長男の高校数学の力は人生において何の役にも立っていないし、誰の役にも立っていない。しょぼくても、私の数学の力の方が人の役に立っているのだから、その方が価値があることになる。ただの負け惜しみだが何を持っているかで競ってもしょうがない。

育てていくことで


育児において
その時、か」「お姉ちゃんはそんなことなかったのに」と言ってしまってはいけません。「あなたはどうしてそうなの行動を叱り、理由を説明するのです。ぼくはこんなふうに言います。うるさくしたらダメだろう。授業を聞こうとしている友だちの邪魔になるやん。を見ている時に、横で大音量で音楽を聞かれたらイヤやろ?自分だって大好きなアニメ行動を叱り、理由を説明するだけなので、あっさりとした叱り方になります。それ以上の言葉は必要ないの「叱るのは短時間」を徹底してください。

しつけ以後にいろいろあるよい子を

同時に、子どもの言い分も聞いてあげてください。頭ごなしに叱るのはよくありません。感情的に怒ってしまったなと思っても、途中からでもいいので、子どもにも言い分を話させてください。思いがけない子どもの考えが出てくることもあります。また、自分の考えを聞いてくれたうえで「それでもやっぱりダメだよね」という話になれば、子どもも納得します。