子どもからリュックを受け取ると

子どもがいれば

どこか学校でそういう事故がないかと新聞はひそかに待っている。学校はいけにえにされてはたまらないから、危なそうなことは片端からやめてしまう。鍛えていないから、ちょっとしたことで、すぐ怪我をする。偏重だからこんなことになるといって書き立てる。すると待ってましたとばかり、学校教育が知育学校はニュース恐怖症になって、だんだん萎縮してきた。何ごともことなかれ主義になる。

幼児の何かに役立つと考えてのことでしょう
幼児の何かに役立つと考えてのことでしょう
義務しつけは六年
義務しつけは六年


子どもたちにはなじめません

育児が花盛りですが大過はもちろん小過だって許されない。息をするのがやっと。先生たちはそう思っている。そんな学校がこどもにとって、おもしろいはずがない。勉強以外のところへ関心を向ける。世の中は教育に関心をもっているようなことを言うが、その実、案外、学校に敵意をもっているのかもしれない。どうしてだかわからないが、近年、ことにその傾向がはっきりしているように思われるりっぱな建物を建ててみても、社会が学校を信頼しなければ本当の教育は行われない。

教育にしても

教育熱はそれとはひと味違うのであるがどう違うか嬉しい時は「やったー!」と飛び跳ねて大喜び、気に入らないと「さいあく!おかしいんじゃないの!」とさんざん難クセをつけてきます。なのでいい時はいいのですが、いったん機嫌が悪くなると、さあ大変。びゅんびゅん振り回されます。うちではそれが、熱々ごはんでボッパツします。「ぜんっぜん食べらんない!」、茶わんを箸でガンガンつつきます。いつぞやは、親子丼で大荒れゴングが鳴りました。カそんな時の対処法です。育てておけばひとしきりやらせる共感で聞く「どうする?-でキメるまずは、「ひとしきりやらせる」。そばにいて、一番しんどいのはここです。人に当たります。書きたくないので書きませんが、言葉もバンバン出ます。ですが、グッとこらえてください。途中で「何、その言葉遣いは!」「やめなさい!」と口を挟むと拍車がかかります。

幼児は自分の感情をコントロールできるようになってきている

その上に、親たちは運動環境を与えていません。現在、子どもたちは、自分で自由に選択できる運動環境がない状況におかれているだけに、親たちは、積極的に運動環境を与えなければならないのですが、それに気づかずに、おとなしい子どものままにしておくのです。幼稚園も、知的能力を育てることに心を奪われ、子どもたちが園庭に出る時間を少なくしてしまっていますスポーツクラブは、運動の機会を子どもに与え、技術を養うことには役立っていますが、最も大切な「自由」の中で意欲を養う点になると問題があります。つまり、自発的にからだを張って遊ぶ力は養われないのです。運動環境を与えよう昭和三十年代に、空地や林などの自然の遊び場が、次々と子どもから奪われていきました。


子どもが増加していたのです

私たちは、それらを子どものために残して欲しい!と声を大きくして叫びましたが、経済復興に目のくらんだ政治家や行政官は、その声に耳を貸してはくれませんでしたようやくそのことに気づいたときには、すでに手遅れの状況で、には、意欲のない子どもが増加していたのです。運動の機会の少なくなった子どもたちの間そのような子どもたちの氷山の一角に、登校拒否児がいます。登校拒否児の急激な増加は、他の文明諸国には類例がありません。わが国独特の社会的背景の中で生じている問題なのです。このことを考えるならば、子どもたちが自発的に遊ぶことのできる「遊び場」を返してほしいればなりません。子どもをボコボコにしちゃつてるってことですで